電話投票番号
61#

10/5 本日 非開催

開門 --:--
早朝前売 --:--

発売内容

発売なし

本日 非開催

開門時間 --:--
早朝前売 --:--
玉野けいりんTOP 開催情報 前検インタビュー

前検インタビュー

2022.03.06

3月8日ミッドナイト・チャリロト杯(F2)

レース展望

前期S級1班の久保田泰弘。昨年はガールズ競輪の山本知佳選手と入籍。良き姉さん女房だし公私共に充実。今期はA級に甘んじているが脚の違いを披露。降級後は1月の高知で優勝。次の地元防府で完全優勝。直前の小倉でも優勝し脚色の違いを魅せている。自力がない分、S級に特進出来ないでいるが、不動の本命なのは間違いない。中四国ラインで清水一幸と連係する。その清水は12月開催の小倉で落車。二ヶ月のブランクがあった久留米で準優勝。直前の名古屋でも決勝5着で、特選・決勝と最終バックを取っている。この本線3番手はイケメンの石丸寛之。3番手回りは得意でないが、地元だし外を鋭く踏みたい。今回の中四国には首領的な存在の梶応弘樹もいる。嶋田誠也の機動力も侮れない。開催中止で不運な状況が続いているが1月開催の佐世保と直前の松山で優勝。動ける追い込み選手のイメージだし、目標がいれば番手、いなければ自分でやるスタイル。今回は九州にめぼしい先行選手が不在で、自在に組み立てる。連係するのは九州同士の佐々木翔一だ。三浦貴大も一発を秘める。現役の父親もA級2班で頑張っており57歳のベテラン選手とは思えない。父親譲りのセンスある走りで穴を出したい。中部近畿で内山貴裕が番手を回る。チャレンジは地元の米嶋恵介が6連勝中で今節、特別昇班が掛かっている。ただ、2月は体調不良で3本欠場して、今期は復帰戦。30歳のオールドルーキーだが、8割の状態でも完全優勝を決めるとみたい。番手は地元同士の鳥丸晃順だ。怖いのは決勝で直接対決しそうな同期の村瀬大和、谷口力也、白井優太朗。やはり、目の前でライバルの特別昇班は見たくないから、全力で阻止に来る。

 

3月8日名古屋・ルーキーチャンピン・地元岡山の選手のレース後の談話

山根将太(7着)=橋本君が突っ張ってくれたけど、被ってしまったので。人生初の番手回りだけど難しかった。やはり犬伏湧也さんの力が抜けていた。今月は玉野記念にも呼ばれている。師匠の佐伯亮輔さんや、大師匠の河端朋之さんも一緒。みんな鳥取県の繋がりです。3人で走るのが理想だし、まずは一次予選を突破出来る様に頑張りたい。

 

橋本凌汰(9着)=本当は突っ張るつもりはなかった。引いてカマシが理想だったけど、誰も押さえに来ないので。ああなったら突っ張るしかない。見せ場を作れて良かった。師匠は片山智晴さんだけど、練習は別でやっています。今、アマチュアの弟を面倒見てもらっているので。早く、S級に上がって、先輩達を引っ張りたい。

オープニングのミッドナイトレースは途中で開催が中止になってしまいましたが、新宿舎は大好評。新たなチャリロトの包括場の目玉になっています。今後、広島競輪場も再整備が決まり、メジャーリーグのボールパーク化みたいになります。それまでは、老体にムチを打って、何としても新生広島競輪場で取材してみたいもんです。今回も地元選手に直撃取材しました。

まずは2レースのチャレンジ予選のベテラン川本隆史選手から。白井優太朗、脇田良雄の広島勢の3番手から攻めて3番手3着が理想でしょう。「1月2月に走りすぎたから、ここまでは疲れを取りながら軽めの調整。地元ということで本線の3番手を用意してもらったし、しっかり付いていって確定板に入りたい。」

4レースのチャレンジのメインは米嶋恵介と鳥丸晃順のタッグです。断然の人気だしワンツーが濃厚です。米嶋 恵介「デビューしてすぐに7連勝で記録が途切れたことがあったので、とりあえずは8連勝を目指して。特別昇班を意識するのは決勝に乗ってからにします(笑)。新しくなった競輪場は、バンクは前のままだけど、ホテルが建って風向きが大きく変わった。1周ずっと向かっていたり、いきなり爆風が吹いたり、その日その日で全然違うから、まだちょっと掴めていませんね」。

鳥丸 晃順「久しぶりの地元開催なので、少しでも良い着を取れるように頑張りたい。米嶋君との連係は何回かあるし、自分は後輪だけ見てマークします」。

6レースのA級予選も地元のタッグ。中尾翔選手は逃げて持ち味が出るタイプだし、高嶋一朗選手も、いつも大きな声で元気なベテランです。中尾  翔「結果が出なくて捲りに頼った時期もあったけど、何か違うなと思ってすぐにやめた。やっぱり自分は先行してなんぼ。一番前で風を切るのが合っている。ライン3車で後ろは大先輩の高嶋さんだし、迷惑をかけないようにしっかり駆けます」。

高嶋 一朗「中尾君とは今まで何度も走っていて連係相性もバッチリ。初日から一緒のレースとは嬉しいね。リニューアル一発目の玉野は途中で中止になってしまったし、今回は3日間無事に開催されることを祈っています」。

8レースは副業で居酒屋も経営している長谷隆志。コロナ禍で、どんな経営状態になっているか分かりませんが、今度、じっくり聞いてみようと思っています。長谷 隆志「前検当日に欠場選手が出て予備からの繰り上がり。こういう時期だし、そういうのもあるかなと思って、心の準備はできていましたよ。中部の後ろを回ってチャンスを待ちます」。

9レースはタイトルには届かなかった石丸寛之選手ですが、相変わらずのイケメン。今の中四国地区の自力選手の勢いがあれば、石丸選手もG1覇者になっていたはずです。生きた時代が悪かったですが、神様は二物を与えずと言う事でしょうか。石丸 寛之「色々あってバタバタしていたので、慌てて練習してここに間に合わせた感じ。久保田君との連係はS級の時に何度かある。トリッキーな選手で付きにくいイメージがあるけど、必ずいいところにいてくれるので頼もしい。新しくなった玉野でいいスタートを切りたいね」。

 

一覧へ

玉野競輪(玉野市競輪事業課)61#TAMANO KEIRIN

〒706-0002

玉野市築港5丁目18-1

TEL:0863-31-5281 / FAX:0863-31-9273

 

玉野競輪場 テレホンサービス

案内センター 050-5518-3196 詳細はこちら