電話投票番号
61#

10/5 本日 非開催

開門 --:--
早朝前売 --:--

発売内容

発売なし

本日 非開催

開門時間 --:--
早朝前売 --:--
玉野けいりんTOP 開催情報 前検インタビュー

前検インタビュー

2022.06.22

6月25日ミッドナイト競輪・アースクラウド杯(FⅡ)

今節のレース展望!

4月開催の伊東で落車失格し、手首を骨折した栗山俊介だが、前走の四日市は自力で準優勝。復帰戦だった、取手記念で行われたレインボーカップファイナルでは、見せ場なく終わったが状態は戻っている。来期はS級に復帰し、今節は自力で良いイメージを残しておきたい。番手は中部近畿で山口智弘か、近畿同士の佐野梅一。佐野は予選スタートになるので、初日特選は山口との連係になる。不気味なのは、久保田泰弘の自在戦。練習仲間は、あの清水裕友であり、本人のガッツも相当なもの。中四国で今村麟太郎との連係が基本だが、中四国の勝ち上がり次第では別線になる。準決は、同県の渡口勝成が勝ち上がってくるし一緒の番組だろう。渡口も点数をアップしており、将来のS級のスターだ。九州は利根正明が復調ムード。捲りにウエイトを置いているが、各地で穴を出している。これには城戸崎隆史がマークする。1班の重鎮は愛媛の梶応弘樹と地元の星島太。予選スタートだが、渋太い走りを見せる。予選は渡口勝成に星島太、梶応弘樹は同県横内正人か今野有樹と一緒の番組になると考えたい。

今節はA級2班とチャレンジの2層制。119期の新鋭レーサーは中嶋樹、川野深、吉田悟と3名が参戦。吉田悟は70点を切っており、中嶋樹と川野深のパワー対決。共に今期、優勝はないが、準優勝はある。しかも両者共々、積極的に駆けている。中嶋樹には大阪同士の一ノ瀬貴将が付けて優勝に一番近いかも。自力兼備の選手で5月開催の武雄と、6月開催の岸和田で優勝している。川野には九州で秋永昴人がマークして5月開催の高知で優勝の実績がある。他には地元の大ベテラン増成富夫がいて、老練の先行テクニックで若手を翻弄するシーンも見られそう。

 

 

 

僕も新たな地元戦士です!

隅田洋介・107期・34歳が7月から岡山に移籍する予定。栃木籍での最後の大会になった岸和田の高松宮記念杯ではG1初出場で初勝利。スキンヘッドでいかつい雰囲気もありますが、根は優しいアスリート。生まれは総社市で、実家もまだあるそうです。北海道の高校に行き、その後は東京、そしてアイスホッケーを続ける為に今度は栃木の日光へ。H.S栃木日光アイスバックスへ入団しますが、やはり金銭面では苦しく、栃木の選手会の支部長でもある山口貴弘の元へ弟子入り。ダッシュ鋭い捲りを武器にS1でも穴選手として大活躍。実家に住まず、練習の為に近くにマンションを借りるそうですが、まだ練習仲間や、諸々、決まっていない事も多いそうです。これが、マーク屋なら、みんなに気を遣わないといけないですが、その点、自力選手の方が、気が楽な様です。流浪の日々を卒業して、地元に帰り、これから更なる高みを目指します。眞杉匠、金子幸央、坂井洋など、栃木の練習仲間は、みんなイケメン揃いでしたが、まだ彼女はいないとか…。これは、本人からの、たっての希望であり

「彼女募集中です!」。

もし、誰か良い人がいましたら、自薦他薦を問わず、よろしくお願いします。

 

 

 

地元選手チェック!

今節で、岡野順一選手はラストラン。代謝は決まっていますが、きっちり練習はやってきたそうです。

岡野順一は長らくS級で活躍。派手さはない、マーク屋のバイブレヤーだったが、存在感は際立った。昔ながらの昭和の選手で僕のイメージは「くせもの」、「何をやるか分からない」、「レースがえぐき」、「策士」と言った感じ。言葉にすると綺麗ではないし、誉め言葉ではないかもしれない。だけど、僕にとっては岡野順一選手に対する最大の賛辞の言葉であるし、岡野選手からも「そう言ってもらえると嬉しいよ(笑顔)。内をしゃくったり、番手に切り込んだり、何をしでかすか読めない選手だったから。だけど、そう言うイメージを相手選手も持ってくれたし、それは戦う中で有利だった」。デビューして、22歳でS級入り。43歳までS級にいたから、これも立派な勲章だ。「記念の決勝は5着が最高で、F1の優勝はなかった。それでも紫原政文さんが優勝した競輪祭の新人王では決勝に乗れなかったけど5着、2着、2着。あの吉岡稔真君とワンツーもあるし、それも良い思い出。高松宮記念杯で、当時の徹底先行・金山栄治君を目標に1着。同じレースに十文字貴信君もいたし、それが一番記憶に残っているかな」。弟子は山本奨、山本直の師匠似?のイケメン兄弟。第二の人生も決まっていると言うし、渾身のレースを最後に魅せる。

 

 

 

1レースは増成富夫と丹波福道のタッグ。増成富夫は「600勝まで、あと4勝。だけど、わしは来期から2班で、強い新人と対決。そうなれば、勝てないし、今回どれぐらい勝ち星を増やせるかだな。今期は2班の点数もちょっと厳しい。岡野さんが引退だけどS級の時から色々と思い出があったな」。番手を回る丹波福道は「増成さんとは8場所前の玉野ミッドの最終日に連係。増成さんは補充だったけど、相手の自力選手に上手くやられて5着、6着で共倒れ。ここは若手がいないし2人で決めたいね」。

 

 

 

3レースも森佑樹と新村真の地元タッグ。森佑樹はバック数も増えて、徹底先行に変身した。「意識的に、このスタイルでやっている。新人相手に捲りではきつい。だったら、逃げた方が大敗もしないし、勝つ確率も高くなる。あと1勝で200勝にリーチ。目標とする増成さんは、まもなく6百勝レーサーだし、全然違いますよ」。坊主頭がイメージの新村真だが、髪型をチェンジ。最初は誰だか分からなかったぐらいだ。「う~ん、そうですか。あまり気にしていなかったけど。自分も2場所連続で1着があるし悪くないですよ。逆並びは一度ないし、いつも森君が前で頑張ってくれている」。

 

 

 

5レースは松本卓也と小磯知也の徳島コンビを追走する上原直樹は「岡野さんが引退レースだし、少しでも花を添えたいですね。前回、負け戦だけど1着を取れた。今期は2班の点数を取れないし、逆に開き直って走りたい」。

 

 

 

 

地元の名レーサーだった星島太は予選のメイン。本当、昔は強かったし、引退した兄の星島一成はクレージーマーカーだった。「もう年だし、展開次第、前次第。武雄ミッドの最終日に落車して擦過傷が酷くて、40日欠場。前回の高知ミッドは、焦って外を踏んだり、レース勘が悪かった。ここは渡口君がいるし信頼して」。

一覧へ

玉野競輪(玉野市競輪事業課)61#TAMANO KEIRIN

〒706-0002

玉野市築港5丁目18-1

TEL:0863-31-5281 / FAX:0863-31-9273

 

玉野競輪場 テレホンサービス

案内センター 050-5518-3196 詳細はこちら