電話投票番号
61#

10/5 本日 非開催

開門 --:--
早朝前売 --:--

発売内容

発売なし

本日 非開催

開門時間 --:--
早朝前売 --:--
玉野けいりんTOP 開催情報 前検インタビュー

前検インタビュー

2022.06.28

7月1日ミッド・スピードチャンネル・スカパー杯(FⅡ)

今節のレース展望!

今回のミッドナイト競輪は3場開催なので、A級1、2班戦の7レース制。主役は初のS級だったが好戦していた熊本の緒方将樹。父親は名レーサーで、現在、解説者で活躍している緒方浩一さん。2世レーサーであるし、完全なるサラブレッド。前期の大ヒットは、6月開催の福井の準優勝。最終バックを取ってのレースだし、フロックではなかった。今期、一発目のレーだし、自力で完全優勝を目指す。番手は熊本同士の曽我圭佑。自力なのか、追い込みなのか戦法が定まらず、前期のS級では苦戦したが、A級では脚力上位。緒方が早めのスパートなら逆転も十分ある。3番手は巧者安東宏高が固めて九州が強力本線。地元勢は前期S級の山本奨と三宅伸が追加で入った。山本は、A級なら自力兼備の攻め。ビッグネームの三宅伸だが、無念のA級落ち。タイトルホルダーであり、人望含めて、玉野の顔役だ。3月に行われた玉野記念でも、声援は一番多かった。実績ある選手はA級に落ちると苦戦するケースが多く、この期の一発目のレースは大切になる。地元トリオの先導役は田上晃也だ。その田上も4月の地元戦で優勝。番手回りのレースだが、きっちり人気に応えている。この優勝が自信になったのか、5月、6月開催の数字は良かった。今節は西日本オンリーの斡旋でなく、東日本のメンバーも参戦。徹底先行でめぼしい選手は不在だが、自在型の相笠翔太は一発を秘める存在。目標次第になってしまうが、長田祐弥の差し脚も悪くない。2班は福島の関根彰人が90点近い競走得点を持っている。94期のルーキーチャンピオンであるし、師匠は佐藤慎太郎だ。他にも注目選手として、S級経験があり、奥様は長沢彩の佐藤健太は上げておきたい。シビアな走りが出来るし、穴党向きの選手だ。

 

 

地元121期、将来の地元スター選手達!

太田海也

中野慎嗣と共に早期卒業組み。中野慎嗣は先日の青森F1で先に優勝。しかも師匠の佐藤友和とのワンツーだった。ナショナルチームに在籍しており、競技との兼ね合いで出走本数が少なく、A級戦に甘んじているが、2場所連続で完全優勝している。まだ次走がどこになるか決まっていないが、次の場所でS級特進を狙う。パリ五輪を本人の希望で目指しているが、玉野競輪の関係者の一人としては、競輪でトップを狙って欲しかった。人間性も良く、アスリート気質も漂う。間違いなくタイトルホルダーになるし、日々、精進して欲しい。

 

 

近藤雄太

師匠は石丸寛之で、在所成績は36位。サラリーマンから競輪選手を目指して、ダッシュ力が武器。ルーキーシリーズは4月開催の松戸で走り5、5、4着。養成所時代から自力のレースが少なく、松戸でも3日間、最終バックを取る事が出来なかった。2開催目の松山は病気欠場。本デビューは、7月8日からの広島と、7月26日からの防府の斡旋が入っている。

 

 

合知登汰

師匠は片山智晴で在所成績は55位。朝日大学を休学中だが、自転車経験は豊富。センスはあるが、養成所では積極的なレースは少なかった。ルーキーシリーズの成績は松山が7、7、5着。四日市が5、4、5着で最終バックを取れていない。実戦向きだと思うが、同期との対決では苦しんでいた。本デビューは7月11日からの高松と7月24日からの別府。

 

昼田達哉

 

名門・法政大学卒業でロードでなく、ケイリン種目で実績があった。師匠は片山智晴で在所成績は17位で1着7回、2着が9回あった。ルーキーシリーズの成績は悪くなく、松山が1、3、2着。この1着と2着は、自力でなく差しの決まり手だった。続く四日市では4、6、3着。チャレンジでベテランとの対決なら危なげなく勝ちそう。本デビューは、7月7日からの佐世保、7月19日の和歌山を走る。

松下綾馬

 

京都産業大学を卒業して師匠は佐伯亮輔。在所成績は61位だが、先行回数はかなり多かった。この姿勢を貫けばデビューしてからも楽しみだ。ルーキーシリーズは松山を走り6、4、4着。続く四日市ではオール6着と結果を出せなかった。地脚タイプだし本デビューで走る7月1日からの別府と、7月16日からの武雄で結果を出したい。

 

矢部駿人

在所成績は65位だが、先行回数は、トップ3に入る成績を残している。師匠は片山智晴で法政大学の出身。強地脚だし、将来的に楽しみだ。ルーキーシリ-ズは5月開催の松山を1本走り、4、6、5着。成績は平凡だが、二日目と最終日に最終バックを取っている。本デビューは7月1日からの岐阜と7月19日からの別府の斡旋が入っている。

 

地元選手チェック!

まずは大御所の三宅伸が無念のA級落ち。岡山と言えば、やはりG1ホルダーでもある三宅伸が顔役だ。「昔から神輿を担ぐ方だし、担がれる方ではないと思っている。みんなに気を遣ってもらい立ててもらっているけど、わしは、リーダーと言う器じゃないだろ。今回、A級に落ちて、わしがピリピリしていると思い、みんな腫れ物に触る雰囲気(笑)。弟子が多い丸さん(石丸寛之)や、後輩でも自分に厳しくストイックな岩津裕介とは全然違うよ。自分では大した選手でないと思っているし、岡山ローカルで、全国区ではないからね。キャラは変わらないし、イメージかな。A級に落ちたら引退とか言われたけど、気持ちが切れない内は走り続けるよ(笑顔)」。今回は32年ぶりのA級戦。2008年の西武園の全日本選抜で、石丸寛之の捲りに乗り優勝している。若くしてG1覇者になった訳ではなく、39歳の時。生でレースは見ているが、14年前でなく、もっと前だと記憶していた。S班のパンツも履いている実力者だが、後輩に声を荒げて叱ったのを一度も見た事がない。いつもジョークを交えながら、レースを振り返るのが定番だった。そんな性格からか、常に人が寄り、人の輪が出来ている。もし、引退したらの問いには「基本的に競輪界とは距離を置く。喋りは難しいから」とジョークで煙に巻いた。もちろん、人間性からも、競輪界が三宅伸をほっておくとは思えない。それまで、どれぐらい時間があるか分からないが、A級を走るのは良い経験になるはずだ。

 

 

地元のトップバッターは2レースの予選を走る山根泰道。別線が強力だが、逃げる隅田幸助の番手を回る。「写真撮るの? 俺ぐらいの選手を載せる場所はないだろ。調子とか関係ないし苦しみ抜いている感じかな。それでも岡山は、自分より上の選手が一杯いる。まだ52歳なんて小僧ですよ(笑)」。江戸時代の素浪人の雰囲気があり、刀さばきが似合いそう。

 

 

4レースに出場する片山智晴は弟子が多い。今期も弟子の新人が3人デビュー。選手が7人、アマチュアが2人いて一大勢力になりつつある。「僕が柏野智典さんの一番弟子。内のグループは7人いるけど、師匠がもう弟子を取らないと言ってきた。その役割が僕になった感じですね。柏野さんは高校の先輩であり、国体の自転車の監督をやっている知人がいる。その人から有望なアマチュアを託されている感じです。あとは、僕は法政大学の出身だし、その関係からも、面倒を見てくれと頼まれる事もある。あとは岡山だと鳥取県出身のグループも大所帯で、河端朋之君がリーダーとかになっていますね」。

 

6レースは徹底先行の野上竜太が走るが大きな着が目立つ。ただ、主導権は取れているし、今は我慢の時だろう。「一番の不振の理由は腰痛ですね。だまし、だましだけど、これも良い経験になり、勉強になると思っている」。

 

 

7レースは追加で山本奨も入ってきた。「先に三宅伸さんの追加が決まっていた。それから、僕に追加が入った。何か、伸さんが主役の開催なのに、少しだけ点数を持っているから前回りで申し訳ない(笑)。番手を回るけど、自分の中では伸さんが主役で、脇役だと思ったいる」。いつも通り、笑顔が似合うイケメンだ。

一覧へ

玉野競輪(玉野市競輪事業課)61#TAMANO KEIRIN

〒706-0002

玉野市築港5丁目18-1

TEL:0863-31-5281 / FAX:0863-31-9273

 

玉野競輪場 テレホンサービス

案内センター 050-5518-3196 詳細はこちら